栄光ゼミナール

栄光ゼミナール 小6第3回(5月)アタックテストの結果報告 偏差値3アップだけど、麻布への道は遠い! 親塾を開始!

こんにちはJOJOです!

長男のアタックテスト(実力テスト)小6第3回の結果が返ってきました。

第3回のアタックテストはちょうどゴールデンウィーク(GW)の直後に実施されました。

GWは麻布の創設者である江原素六に会いに沼津に小旅行した他は、長男は自宅で勉強に専念していました。

我が息子ながら、よく頑張っていたと思います。

というか、学校の友だちとも遊ばず、自宅で一人で学習する長男の姿をみて、正直「成長したな~」と感心。

だって、僕が小学生の時は、土日はおろか、休日に勉強したことなんてなかったですからねw

いやー、トンビが鷹を産むってこういうことですかね(息子を産んだのは奥さんですけどw)

なので、今回のアタックテストでは、成績が上がると良いな~と親心抱いていました。

それでは、今回の結果を見てみましょう!

結果報告!

4教科で偏差値56

お、偏差値3上がってるじゃん!

ちなみに、今までの偏差値推移はこんな感じ。

中学受験を一時中断してから、下がり続けてきた偏差値がようやく上昇を始めました!

まだ、中学受験を中断する前の偏差値には戻っていませんが、徐々に成績が伸びてきた手応えはあります。

もちろん、まだまだ志望校の麻布には遠く及びません。

というより、小6の今の時期、偏差値56で麻布を目指しているのはウチの息子くらいなんじゃないでしょうかw

でも、まあいいんです。

夢に向かって、がむしゃらに努力することに価値があるのですから。

弱点は国語と社会

ちなみに、各教科ごとの偏差値は次の通りです。

  • 国語:52
  • 算数:59
  • 社会:55
  • 理科:58

完全に、息子は理系脳です。

僕も奥さんも文系なので、誰に似たんでしょうねw

ただ、中学入試に、文系も理系もありません。4教科全部できないと志望校には合格できません。

そのため、文系科目である国語と社会の成績向上が最優先です!

特に、国語の成績向上には大至急着手しないといけません。

なぜならば、国語力がないと、他の教科の成績も上がらないからです。

国語力がないと、設問の意図を正確に掴むことができないんですね。

特に、難関中学では、どの教科も問題文がやたらに長い。

難関中学では、単純な計算問題なんて出ませんから。

問題文を読むだけで、試験時間の半分くらい消費しちゃいます。

そのため、まずは国語力をつけることがとっても大事なんです。

国語の文章問題がダメすぎる!

次に、国語の設問別の出来をチェックしてみました。

左が息子の実際の点数、右が配点です。

  • 物語文の読解 18/44点
  • 論説文の読解 9/26点
  • 言語事項 16/20点
  • 漢字 9/10点

文章問題、全然できてないじゃん~!

文法とか、漢字はかなり良い出来なんですけど、肝心の文章問題が致命的な感じ。

実際の答案を見てみても、記述問題はほぼほぼ間違えています。

ここにきて、息子がゲームばかりして、まったく本を読んでこなかったツケがでてきました。

息子と一緒になって、スイッチやプレイステーションを遊んでいた僕にも少し責任がありますw

息子が目指している麻布中学では、ほぼほぼ記述問題なんですよね。

しかも、問題文の言葉を書き抜くなんて単純な問題はでません。

ほとんどが、問題文の内容を、自分の言葉で言い換えて説明するという、最も難易度が高いパターンです。

そのため、このまま行くと、国語は全然点数取れない可能性が高いです。

ヤバイ!

俺が教えるしかない!

子供と一緒にゲームを楽しんでいた後ろめたさがあるので、僕自身も全面的に協力することにしました。

つまり、親塾を開始します!

幸いに、息子が苦手な国語と社会は、文系の僕でも教えられる科目。

こうなったら俺がやるしかない!(遅せーよって奥さんに怒られそうですがw)

自慢じゃないですが、僕は大学受験時代、国語の偏差値を50から70まで上昇させたことがあります。

同じ手法が中学受験に通用するかどうかは分かりませんが、僕が行った勉強方法を息子に伝授することにしました。

それは、

ひたすら過去問を繰り返し解く!

というもの。

とてもシンプルなんですけど、効果は絶大です。

なぜかと言うと、過去問にまさる良問は無いんですね。

過去問は、どの学校も、先生たちが1年間かけてじっくりと練り上げる良問です。

それにじっくりと取り組むことが、力をつける近道です。

しかも、知らないうちに、志望校対策まで出来てしまう(当たり前やろ!と言われそうですがw)

というわけで、塾が無い毎週日曜日には、息子と一緒に麻布中学の国語の問題を解くことにしました。

さてさて、はたして親塾の効果が出るかどうか。

今後のアタックテストの結果を楽しみしていてくださいね!

ちなみに、親塾の様子は以下の記事にまとめています。良かったらこちらもどうぞ。

[aside type=”boader”]

[/aside]

あと、僕は現役の麻布中学の先生が書いた次の本を参考にしました。

国語の読解力を伸ばすための勉強方法について分かりやすく説明してあります。

最後に、過去の息子のアタックテストの成績推移は以下の記事で公開しています。

[aside type=”boader”]
アタックテストまとめ記事

[/aside]

そんな感じかなっ!

おわりっ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA