受験本番

【最終結果報告】中学受験が終りました。息子の新しい人生が始まります!

こんにちはJOJOです!

無事に中学受験が全て終わりました!

結果は次の通りです。

  • 1/10 城北埼玉中学 特待生合格
  • 2/1 麻布中学 不合格
  • 2/1 世田谷学園 算数特選 不合格
  • 2/2 世田谷学園 第二回 合格
  • 2/3 学芸大付属世田谷 不合格

最終的には、息子は世田谷学園に通うことになりました。

第一志望だった麻布には残念ながら合格できませんでしたが、まったく後悔はありません

小3から約3年間、麻布を目指してきたからこそ中学受験を続けてこれたからです。

そして体調を崩すこともなく、麻布の受験本番を迎えることができました。

つまり全力を尽くすことができたわけです。

悔し涙に価値がある

2/3の麻布の合格発表には家族4人全員で見に行きました。

麻布十番駅についてから、息子と奥さんは緊張がマックス。

お昼ご飯もほとんど喉が通らない様子でした。

そして、合格発表時間の15時を少し過ぎてから麻布中学へ向かいました。

麻布へ向かう道すがら、合格発表を終えた親子連れと何人もすれ違いました。

すれ違う度に、『この子は無事合格したのかな?』と思わず子供や親の顔色を伺ってしまう自分がいました。

合格する可能性は低いとは分かっていながら、やっぱり合否は気になります。

息子はこれまでにないくらい緊張し、麻布へ向かう道すがら一言も口を利きませんでした。

そして麻布中学に到着。

校門の前では、鉄緑会や駿台といった大学受験向けの予備校が早くも将来の麻布生を勧誘しにきていました。

校門をくぐり、合格発表掲示板がある中庭に向かいました。

中学受験勉強を通してすっかり近視になってしまった息子はメガネを取り出しました。

そして、一人掲示板の近くに駆け寄りました。

『ない。落ちたっ。帰ろう』

息子の目には大粒の涙が光っていました。

僕はそっと息子の方を抱き寄せ、無言のまま校門に向かいました。

校舎入り口では、合格した親子が入学手続きをしています。

そんな親子を尻目に僕たち家族はそっと麻布中学を後にしました。

麻布十番に向かう道すがら息子は一言も口を利きませんでした。

目には涙を浮かべ、歯を食いしばっています。

息子が心から悔しがっていることはスグにわかりました。

僕も悔しかったです。

でも、たった12歳の少年が、目に大粒の涙を浮かべるほど悔しい経験をすることはそうそうありません。

人生で初めての夢を持ち、その夢に向かって全力を尽くす。

もちろん時には夢に敗れることもあるでしょう。

ずっと勝ち続けられる人なんて一人もいません。

でも逆にいうと、人生あきらめなければ、何度でも勝負できるのです。

特に12歳の息子には、まだまだこれから沢山の勝負ができます。

そのため、どんな時も、夢に向かって全力を尽くすことさえ続けていれば、いつか必ず納得行く成果が得られると信じています。

この麻布不合格という経験は、息子を一層強くし、成長させました。

息子の成長を導いてくれた麻布よ、ありがとう。

中学受験を通して、親である僕もたくさん学んだ

中学受験で成長したのは、息子だけではありません。

40歳を過ぎた僕も成長できたと感じています。こんなこと言うのは、ちょっと恥ずかしいですけどね。

『大切なのは結果ではなく、目標に向けて努力したプロセスそのもの』

僕は息子の中学受験を通して、このシンプルな人生の教訓を学ぶことができました。

息子が小5の時、結果を出すことだけを厳しく追求し過ぎて息子の心が折れてしまいました。

そのため、一度中学受験を辞めています。

中学受験を辞めるという選択をしました。 中学受験の向き・不向きについてこんにちはJOJOです! 突然ですが、長男は中学受験を辞めることになりました。 少学校3年生の2月から塾に通い始め、小学5年...

その時に、僕自身ものすごく反省しました。

人生において思うように結果がでないことはたくさんあります。

僕自身もたくさんの挫折を経験しています。

そんな自分の経験を棚に上げて、息子にだけ麻布合格という結果だけを求めていました。

そんな結果至上主義の僕の考え方が息子の心を折ってしまったのです。

当時は本当に取り返しのつかないことをしてしまったと深く落ち込みました。

ただ、奇跡的に息子はやる気を持ち直し中学受験に再チャレンジすることになります。

中学受験に再挑戦します! 親も子どもも、一度立ち止まることが大切こんにちはJOJOです! 長男が中学受験を辞めてから1ヶ月以上が経ちました 当ブログでもたくさんの方から励ましのメッセージを...

息子が中学受験に再挑戦することを決意してくれた時は正直とてもうれしかったですね。

もう麻布合格なんてどうでもよい。

自分が設定した目標に向かって精一杯努力してくれさえすれば上出来です。

そして合否にかかわらず、この経験は息子を大きく成長させるからです。

そして、実際に息子は大きく成長しました。

2/1の世田谷学園 算数特選で不合格だったことを知っても、落ち込みませんでした。

逆に『何が何でも次の第二回の試験で絶対に合格してやる!』と自分の気持を奮い立たせて、無事に世田谷学園第二回の合格を勝ち取りました。

昔はちょっとしたことでもすぐに泣いていた息子。

それがいつの間にか、こんなにたくましく成長しました。

未来は無限大

麻布合格発表後の数時間は落ち込んでいた息子ですが、その日のうちに気持ちを切り替えました。

そして、今では世田谷学園で学生生活を送ることを楽しみにしています。

サッと気持ちを切り替えてくれました。

自分の息子ながら素敵だなと思います。

息子の人生は始まったばかり。

彼の前途には無限大の可能性が横たわっています。

中学受験という目標を終えた彼は、当面の間、遊び倒すでしょう。

でも、しばらくしたら、麻布を目指した時のように、次なる人生の夢を見つけると信じています。

最後に、僕の好きな言葉を息子に贈りたいと思います。

終わらせない

終わらせない

夢で終わらせることなく、夢の実現に向かって全力で努力する。

ただ、時には夢破れることもある。

それでも再び立ち上がって、次なる夢を追い求めていく。

そして、死ぬまで夢を追い続ける。

息子にはそんなカッコいい人生を送ってほしいと思います。

もちろん、僕もまだまだ夢がたくさんあるので、夢に向かって歩み続けます。

これでひとまず我が家の中学受験体験は終了となります。

最後に、今まで僕の拙いブログを読んでくださった沢山の皆様にお礼を言いたいと思います。

『今まで沢山の応援ありがとうございました!』

POSTED COMMENT

  1. KING より:

    こんばんは、初めまして
    毎回、妻と楽しみにブログ拝見していました。
    アザブロ見た?更新されてたよ!という感じで。
    JOJOさんの息子さんと同じ塾、偏差値も似た感じの小5息子がおり世田谷学園を第1志望にしてます。
    2/2世田谷学園の第2回試験日は土曜日でしたので息子と2人で世田学校門まで入試雰囲気を見学にいきました。
    昨日が麻布の試験日だからアザブロの子きっと今日世田学受けてるよ!息子とそんな話をしながら…次は息子の番です。合格でも不合格でも悔いなくベストを尽くせればと思います。
    来年の今頃は家族で笑えればと思います。

    妻にアザブロ終わっちゃうから、セタブロやろうか?と言ったら却下されました(笑)

    最後に、お疲れ様でした。

    • azaburo より:

      ありがとうございます!
      来年は息子さんと同じ学校で会えますね!
      受験頑張ってください。応援しています!

      ちなみに僕には次男(6歳)がいますので、まだまだアザブロは続けていく予定です。
      今後ともよろしくお願いします!

  2. Lily より:

    JOJOさん、こんにちは。
    息子さんの健闘がまぶしいです。おめでとうございます。
    この1週間、JOJOさんの息子さんのことが気になって落ち着きませんでした(笑)。毎日必ずブログに立ち寄り、勝手ながら祈らせていただきました。
    中学受験を通して息子さんが大きく成長していく姿に涙があふれました。

    2年後には愚息が受験を迎えます。栄光生で、数か月単位で精神的に成長していく愚息の姿に感心しています(親バカですね。。。)
    成績の伸びは芳しくありませんが、親として常に息子に寄り添ってあげたいと思います。

    次男君のアザブロも楽しみにしています!!

    • azaburo より:

      ありがとうございます!
      息子の合格を祈ってくださっていたとは、恐れ入ります(^▽^)/
      2年後にはお子様が受験されるんですね!
      栄光は最後の受験直前までアットホームな雰囲気でしたので、良い塾だと思いますよ。
      成績は小6の夏休み以降にグッと伸びるので、それまでお子様を信じて応援してあげれば良いと思います。
      今後もよろしくお願いします!

  3. 睦月 より:

    無事、すべての試験を受けられ、進学先が決まり、良かったですね!お疲れ様でした。
    我が家の愚息と同じような道をたどってきたJOJOさんの息子さんに、親近感を抱き応援していました。
    うちも麻布の合格発表を家族で見に行き、残念な結果でしたが、とにかくこの数日間で色々なことを想いました。
    麻布中学を目指したからこそ、その他の合格を頂くことができ、全てが大事な経験になったと、今日の試験中(進学先は決まってましたが、最後のチャレンジでした)にしみじみ思いました。

    付き添いの奥様も長い時間、本当にお疲れ様でした!
    新生活が楽しみですね!

    • azaburo より:

      ありがとうございます!
      そして、受験お疲れ様でした。
      想像以上に、中学受験というのはハードですよね。
      でも、その分子供の成長という果実があると感じています。
      今後もよろしくお願いします!

  4. Toshimami より:

    2度目のコメントさせていただきます!
    中学受験お疲れさまでした!

    実を言うと…
    最初はJOJOさんのブログを見つけた時に
    意地悪な気持ちがたくさんありました。
    何故なら、麻布まっしぐらになっているお父さんの様子が、同じく栄光ゼミナールに通い某御三家しか見えなくなっていた数年前の自分と重なったからです。
    JOJOさんが自らターニングポイントとしてあげている、受験勉強一時中断後からは意地悪な気持ちがなくなりました。JOJOさんと息子さんを心から応援させていただきました。
    ご家族4人で合格発表を見に行ったなんて、息子さん大きくなってもその時の家族の暖かさ覚えていられるんでしょうね!素敵です。
    その時流した大粒の涙のことなんて忘れてしまうくらい、楽しい中学校生活が待ってますよ〜〜きっと。思う存分に楽しんでください!
    私はこれから1年後に向けて、次男との受験勉強が始まっています!2回目なのにか2回目だからか不安と焦りばかりの船出をしていますが、行き詰まった時はJOJOさんのブログを読んで
    最後まで親子で頑張ります!
    中学受験お疲れさまでした!そしてありがとうございました!

    • azaburo より:

      コメントありがとうございます!
      確かに、僕自身、息子が中学受験を中断する前と後では、子育てに対する考え方が一変しました。
      ほんと中学受験には様々なドラマがありますね。
      今となっては良い思い出です(^_^)

      Toshimamiさんもこれから次男さんの受験が始まっているんですね。
      やはり2回目でも不安になるものなんですね。
      健闘をお祈りしております!

      我が家は次男の受験は6年後になります。
      それまでには中学受験を取り巻く環境も変わっていることでしょうから、僕自身もまだまだ勉強し続けていきたいと思います!

  5. こやえちゃん より:

    おはようございます。麻布生二人の父親です。こちらのブログはちょうど次男の受験が終わった頃気が付き、以降陰ながら応援させていただいておりました。中学受験が終わり3月に入り、息子さん、ご家族ともに落ち着かれた日常を送られていると思います。我が家が二人の子どもの受験を通していつも思っていたことは、まだ遊びたい盛りの12歳にこんなにも大変な思いをさせても良いのかどうか、自問の日々でした。ですので我が家も第一志望だけは、息子たちの好きなところを受けさせるということだけでした。3年間は本当に長くて短かったです。
    ブログを通して息子たちは本当に成長されたでしょう。今後のご活躍を祈っています。

    • azaburo より:

      ありがとうございます!
      お二人とも麻布とはスゴイですね。
      中学受験は想像以上にハードでしたが、親子ともに大きな学びがありました。

    • こやえちゃん より:

      すみません。ブログを通して息子たちは→息子さんは、です。お詫びして訂正いたします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA