引き寄せの法則

自分の子どものことを心の底から信じることが全て 思考は現実化する

こんにちはJOJOです!

中学受験勉強をしていても、子どもの成績が伸びないことも多々ありますよね。

子どもが毎日頑張って、成績が伸びないのなら、納得もできるのですが、ろくに勉強もせずに成績が下がった時には、頭にきますよねw

実は、僕の長男もそうです。

一時期は成績が伸びず、本人も嫌気を指して中学受験をドロップしました。

その後、奇跡的に復活を遂げたのですが、それでも本人のやる気はなかなか上がりません。

まあ、息子自身としては頑張っているようなのですが、気を抜くと勉強せずにダラダラしている姿を見ると少しガッカリします。

やっぱりウチの子どもには、中学受験は無理なのかな~と。

子どもの前に、親が信じることが大事

でも、ちょっと待って下さい。

親が最初からあきらめてしまっては、子どももあきらめてしまいます。

親がココロの底から自分の子どものことを信じるからこそ、子どもは頑張れると思うんです。

子どもが頑張るから、親も信じる

ではなく。

親が子どものことを信じるから、子どもも親の想いに応える

なのです。

子どもは親の気持ちを敏感に受け止めます。

そりゃそうです。子どもにとって親は全ての存在ですから。

小学生の子どもは、親がいなければ生きていけません。

子ども心なりにその現実を分かっているので、子どもは親の考えをそのまま受け止めます。

良いことも、悪いことも全てです。

なので、まずは親が自分の子どもの可能性を信じることが大切なのです。

引き寄せの法則

引き寄せの法則ってご存知ですか?

一言で言うと、思考は現実化するということ。

今ある僕たちは、自分が過去に行ってきた思考の結果です。

僕たちは何をしている時も思考しています。

友達を話をしながら、テレビを見ながら、歯を磨きながら。

常に思考は動いています。

そして、思考は宇宙の全てに影響を与えます。

というより、思考こそが宇宙を創造できる唯一のものなのです。

このように言うと、ちょっとオカルトっぽいなと思う方もいるかもしれません。

でも、量子物理学の世界では、人間の思考が全ての物質に影響を与え、物質を作り上げることが証明されています。

思考は全ての始まりなんです。

子どものことを信じよう

だからこそ、まずは自分の子どものことを信じましょう。

いつまでも勉強しない子どもの姿を見ていると、親だって心が折れちゃいそうな時はありますよね。

でも、そんな時には思い出して下さい。

思考は現実化すると。

僕たち親の思考が現実化するのです。良いことも、悪いことも。

なので、親である僕たちはどんな時も子どもの成功を信じることが大切です。

そして、僕たち親が子どものことを信じれば、信じるほど、僕たちの思考は波動となって、子供たちの心に響きます。

そして、子どもも親の思考の影響を受けて、変わり始めるのです。

子供と一緒に信じる

一番良いのは、親だけでなく、子供と一緒に、子どもの可能性を信じることです。

子ども自身も自分に自信を持ち、自分の可能性を信じることがとても効果的です。

そうすれば、親と子どもの思考が合致して、一層引き寄せの法則が働きます。

なので、親と子どもで、共通の目標設定をして、毎日その目標を確認するというのはとても良いことです。

焦らないで待つ

そして、引き寄せの法則を使いこなす上で、大切なルールがあります。

それは、ほとんどのケースにおいて、思考が現実化するまでは時間差があります。

もちろん、強烈に強い思考を生み出すことができれば、時空を超えて思考を現実化させることができます。

これは量子物理学者が実証しています。

でも、ほとんどの場合においては、思考が現実化するまでは時間がかかるようです。

僕の経験ですと、3ヶ月くらいはかかる気がします。まあ、僕の思考がまだ弱いから、これくらい時間かかるのかもしれませんが。

でも、思考が現実化するまでの間に時間差があることに、メリットもあります。

ロンダ・バーンはその著書「ザ・シークレット」の中で、次のように説明しています。

あなたの思いが、時間差のために瞬時に実現しない事を神に感謝しましょう。もし、考えた事が瞬時に実現したら困ることになります。ある程度、時間差があるお陰で、自分が本当に希望するものを再吟味して、新たな選択をすることができるのです。

なので、子どもにとって、どのように成長することが最適なのかをじっくり考える時間があるのです。

そして、じっくり考えたら、その想いを常に頭に描くようにしましょう。

そうして、思考が現実化するのです。

中学受験は長い道のりです。

その間には、迷ったり、焦ったりすることもあります。

僕だっていつもそうです。

でも、忘れないで下さい。

思考は現実化するのです。

僕たち親、そして子どもが強く願えば、その願いは現実化します。

なので、まずは子どもの成功を信じることから始めませんか。

P.S

引き寄せの法則について、興味のある方はロンダ・バーンの書いた「ザ・シークレット」がオススメです。

引き寄せの法則を使って人生が好転した方の体験談が豊富にかかれていて、とてもわかりやすいです。

何より、とても温かい言葉で書かれているので、ほっこりしますw

日々の生活に疲れた時に読んでみてはどうですか。

おまけ 通信教育を活用して節約する方法

最後に、中学受験最大の出費である塾の費用を節約する方法を紹介します。

それは、うまく通信教育を活用する方法です。

実は、御三家のような有名中学でも通信教育だけで合格しているご家庭も珍しくありません。

実際に僕も長男を塾に通わせていて思うのですが、自宅でもしっかりと勉強できる習慣のあるお子さんであれば、通塾は必ずしも必要ないのではないかと思います。

ただ、中学受験の出題範囲はかなり特殊ですので、中学受験に特化した学習は必要です。

Z会なら塾に行かずに中学受験合格も可能

もし塾に行かずに中学受験を乗り越えるのであれば、有名中学への合格実績がスバ抜けているZ会 小学生向け講座がオススメです。

また、Z会では、塾との併用での利用プランも用意しています。

そのため、塾の授業に加えて、質の高い問題演習に取り組みたいと考えている方にもぴったりです。

Z会は難関中学にターゲットを絞っており、しっかりとした中学受験対策ができます。

コースも一般向けと中学受験向けに分かれており、中学受験専門の通信教材になっています。

通信教材と言っても、授業を動画形式で受講することが可能です。

昔みたいに紙のテキストを自分で読むというスタイルではなく、ipad等のタブレットで動画で授業を受講するスタイルです。

そして、授業を受けた後は、昔ながらの添削問題に取り組みます。

ただ、昔と違って、添削問題をZ会に郵送したら、3日後には採点して、答案を電子データとして送ってくれます。

そのため、添削問題の結果をすぐに見ることができます(大手塾でも実力テストの返却は1週間後なので、それより早いです)。

また、教材や添削問題については、東大京大合格者御用達のZ会ですので、内容の濃さがハンパないです。

問題数は少ないですが、一問一問が非常に良く練られているので、しっかりと学力が身につきます。

難関校を目指している方は一度資料請求してみることをオススメします。

サンプルとして、実際のテキストや添削問題を見ることができます。

【Z会の通信教育】資料請求はこちら>> Z会 小学生向け講座

Z会について、もっと詳しく知りたい方は、次の記事もどうぞ。

塾との併用ならスタディサプリがオススメ

やはり塾には通わせたいけれども、塾費用を節約したいと考えている方にはスタディサプリがオススメです。

このスタディサプリはリクルートが運営している教育動画サービスです。

一流講師の授業が見放題で毎月たったの980円です。

もちろん、問題演習もタブレットやパソコン上でできます(必要があれば、紙の教材を購入することも可能)。

僕のオススメは、小学5年生までは、国語と算数だけは塾に通学して、社会と理科はスタディサプリで自習するというやり方です。

勉強習慣を付けるという言う意味でも、通塾するのはメリットがあります。

ただ、4教科全て受講すると金額も高くなります。

そのため、深い理解が必要な国語と算数だけ塾に通い、知識問題が主体の理科と社会はスタディサプリで学習するという方法が良いと思います。

我が家も実際にスタディサプリを活用していますが、授業のクオリティがハンパなく素晴らしいです

リクルートが選りすぐった一流講師しか授業を担当していないので、どれもものすごく分かりやすいです。

しかも、基礎編と応用編(中学受験用)に分かれているので、中学受験に必要な応用知識・問題までカバーしてあります。

また、小学1年生から高校生まで全ての授業を好きに視聴できるので、予習・復習も自由自在です。

4、5年生の間に中学受験に必要な全ての単元をスタディサプリで学習完了してしまい、6年生になったら塾に通ってひたすら応用問題ばかりを集中して行うという作戦も有効だと思います。

14日間無料お試し体験はこちら>> スタディサプリ

スタディサプリについて、もっと詳しく知りたい方は、次の記事もどうぞ。

単純に大手塾に通うだけでなく、通信教育も活用してお得に中学受験を乗り切りたいですね。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA