塾の使い方

【中学受験、夏休みの過ごし方】毎日13時間勉強し続けている息子(小6)の一日を密着レポートします!

こんにちはJOJOです!

夏休みに入って2週間程度が経とうとしています。

夏休み前には、一日13時間勉強するぜ!と張り切っていた我が息子(小6)。

どうせ、3日坊主で終わりだろな~なんてタカをくくって見ていました。

それが、意外や意外、毎日13時間の勉強を継続しているのです!

あんまりにも勉強するものだから、僕も奥さんも『あんまり勉強しすぎると体壊すから、ほどほどにね』な~んて声をかける始末。

いやー、マジびっくりです。

だって、夏休み前までは、好きあらばサボってスマホをいじくっていた我が息子。

夏休みになって突然確変に入りました!

息子の長ーい一日を紹介

一日13時間勉強するなんて、人間わざじゃねーと僕は思っているのですが、どんな生活かちょっと紹介しますね。

[aside type=”boader”]

6:00 起床

7:00 朝食食べながら、テレビ見てダラダラ

8:00 自分の部屋に行って、勉強スタート

10:00 塾の自習室に行く

12:00 塾でお弁当(昼食)を食べる

13:00~18:00 塾の授業を受けるか、ひたすら自習

18:00 塾でお弁当(夕食)を食べる

22:00 塾から帰宅

[/aside]

いや、ほんと凄いです。

息子は基本的に塾(栄光ゼミナール)に行きっぱなし。

行くときにはお昼のお弁当を持っていきます。

夕方近辺になると、奥さんが夜のお弁当を塾にお届け。

そして、塾で晩御飯を食べて22時まで勉強。

もう、成績上がらなくて良いから、息子をホメてあげたい。

息子のモチベーションを上げてくれたのは塾の先生

どの塾も同じかもしれませんが、息子の通っている栄光ゼミナールの先生は生徒のハートに火をつけるのが上手ですね。

『夏休み中に500時間勉強時間を達成すれば、どんな学校にも合格できる!』

と算数の先生にハッパかけられたようで、うちの息子はバカ正直に500時間やりきろうとしています。

親が言っても絶対に勉強しないので、やっぱり塾の先生はプロだなーと思います。

しかも、栄光の良いところは、過度に生徒同士の競争心をあおらないところ。

SAPIXなんて、生徒同士が完全にライバルなので、ギスギスしちゃってますから。

その点、栄光は和気あいあいw

塾友同士で仲良くお弁当を食べて、自習室でお勉強。

まあ、たまに雑談に花が咲くみたいですけど、多少は目をつむらないとね。

一応、友達同士、夏休みの課題問題集「コンプリーション」を誰が一番早く終えることができるか競争しているみたいです。

競争と言っても、どちらかというとゲーム感覚。

友達を妬んだり、足を引っ張るなんて感じが一切しません。

小6の一番ギスギスしている時期に、こんな仲良しムードが作れる栄光はやっぱり良いですね。

あとは、成績が伸びれば言うことなしですw

自習室がある塾のメリット

息子が一日13時間も勉強できるのは、ずーっと塾に入り浸っていられるからなんですね。

たまに塾が休みの日には自宅で勉強してますけど、やっぱり一日6時間が限界ですね。

僕も大学受験の時は毎日図書館に通ってましたけど、やっぱり自宅ではそんなに集中して勉強できませんよね。

漫画、スマホ、ゲームといった誘惑が多すぎますからw

なので、やっぱり塾に行ける間は、フルで塾に行くと良いと思います。

栄光ゼミナールは、どの教室にも自習室が完備されているんですね。

しかも、授業の無い教室は自習用に解放されているみたいなので、一日中塾にいても、どこかしらで自習するスペースはあるようです。

正直、小6年の夏休みまでは、そんなに自習室を活用していなかったのですが、夏休みはガッツリ利用。

自宅では集中できない息子には、栄光の自習室は本当にありがたいです。

しかも、自宅から自転車で5分くらいの場所に教室があるので、往復の移動時間も必要ありません。

そう考えると、やっぱり塾は、自宅から徒歩圏内で、しかも自習室があるところが良いなと思います。

自習室の活用方法については、次の記事もオススメです。

[aside type=”boader”]

[/aside]

最後までこのペースを維持できるかが鍵

夏休みに入って2周間経過した今、まだ息子はモチベーション高く勉強し続けています。

お盆休みには、息抜きをかねて、妻の実家に2泊する予定です。

妻の実家には勉強道具は一切持っていかず、思いっきり羽根を伸ばしてもらおうと考えてます。

40日間勉強し続けるのは絶対に無理なので、適度な息抜きは必要ですから。

ここで緊張の糸が切れて、勉強のペースが落ちないことを祈っています。

あとは、成績が伸びるだけですね。

そんな感じかなっ!

おわりっ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA