子育て全般

同じ兄弟だけど、扱いに差がでてしまう 僕の恥ずかしい子育ての悩みを紹介します!

こんにちはJOJOです!

12歳と6歳の二人の息子の父親です。

二人の息子たちはどちらも可愛いのですが、なぜだか平等に扱うことができないという悩みを持っています。

長男に対しては強く怒ってしまい、次男に対しては甘くなっちゃうんですね。

次男のほうが小さいので、まだ半分赤ちゃんのような可愛らしさがあります。

一方で、長男は今年小学6年生で中学受験です。

中学受験を通して精神的にも自立してきました。

小学校1年生から空手を続けているので、肉体的にも屈強になりました。多分本気で喧嘩しても僕は勝てないかもしれません。。

そのため、ときどき長男は『一人の男』として見えてしまい、強く叱ってしまうことが多々あります。

もちろん年齢を考えればまだ子供です。本人だってまだまだ親に甘えたいと考えて異様です。

僕もそれはわかっているので、できるだけ優しくしようとするのですが、ふとした瞬間に強く怒ってしまうんですね。。

理不尽に長男を怒ってしまった出来事

例えば、長男、次男と僕の3人でSwitchのスマブラを遊んでいた時のことです。

我が家はゲーマー家族でして、僕も息子たちもゲームが大好きです。

中学受験直前の長男にスマブラを買い与えてしまいました(笑)。

そして長男と僕とでスマブラを対戦していました。

僕もゲーマーですが、既に二人の息子たちのほうがゲームの腕前は上です。

特に長男には悲しいことに全然かないません。

この時も長男にボロ負けしてしまいました。

長男のほうが、いろんな技(コマンド)熟知しているので、有利に攻撃を進めました。

長男は僕が上手に技を出せないのを見て、僕に技を教えようとしてくれました。

ただ、長男の教え方が上手じゃなかったので、何回聞いても良く分かりません。

そこで、僕はイラッとして『そんな教えかじゃわかんねーんだよ!』と長男に切れてしまいました。

長男はビクついてしまって、『じゃあ、もう良いよ。。』と下を向いてしまいました。

読者の皆様が感じている通り、長男は全然悪くありません。

長男にゲームで負けた腹いせに怒ってしまった、僕が200%悪いです。

でも、男ってダメですね。

プライドが邪魔をして、長男に謝ることができませんでした。

6歳の次男にゲームで負けても、カッとなることは無いのですがね。。

なぜか、長男に対しては自分の怒りをセーブすることができません。

長男は割と大人しい性格で、周りの空気をしっかりと読みます。

特に僕に対しては常に気を使って、ワガママをほとんど言いません。

次男に対しても優しいお兄ちゃんで、次男のワガママを聞き入れてくれます。

そんな大人しい性格の長男に対しては、僕はなぜかカッと怒りを向けてしまうのです。

毎回反省を繰り返しています。

なぜか次男には甘くなってしまう

一方で、6歳の次男にはなぜか甘くなってしまいます。

長男と次男は6歳も年が離れているので、どうしても次男は可愛らしく見えてしまいます。

次男は長男とは違って、かなり頑固です。

ワガママした時に僕や奥さんが怒っても、全然へこたれません。

長男が6歳の時は、僕がちょっと『コラッ』と大きな声で叱るとそれだけで大泣きしていました。

次男は僕がいくら大声で怒鳴りつけても全然平気みたいです。

厳しく叱った1分後には、ケロッとして遊ぼうと言ってきます。

動物に例えると、長男が犬で、次男は猫です。

次男は絶対に僕の言うことを聞きませんが、なぜか憎めないのです。

そんな次男の性格もあってか、ついつい次男には甘くなってしまいます。

もちろん二人共、同じくらい可愛い息子達

でも、本音を言うと、僕は長男も次男も同じくらい可愛いんです。

でもなぜか長男に対しては素直に愛情表現することができません。

次男に対しては、ついつい『〇〇(次男の名前)は本当にかわいいなあ』と口に出てしまうのですが。

同じ兄弟なのに扱いの差があることについては、時々奥さんからも注意されます。

『長男だってまだまだかわいいよ』と。

ただ、既に半分大人の体つきになっている長男に対しては、なかなか『かわいい』といってあげることができません。

反省です。

それでいて、心の奥底では、次男よりも長男を頼りにしているところがあるんですね。

次男には横暴で天真爛漫なところがあるので、いざとなったら素直な長男に頼ろうと考えているんです。

だったら、もっと長男をかわいがってあげるべきなんですけど。。男というのは、変なプライドが邪魔をしてダメですね。

積極的に長男に声をかけるようにします

長男はもうすぐ中学生です。

中学生になって思春期に突入すれば、ますます僕との会話は減っていくでしょう。

そうなれば、長男に対して愛情表現する機会はどんどん減っていきます。ピンチです。

なので、長男がまだ思春期に入る前に積極的に長男とコミュニケーションを取るようにしたいと思います。

そして、甘えたい時には、甘えられるような雰囲気作りを意識したいと思います。

もちろん、時々カッとなってしまう時もあると思います。

でも、そんな時は、変なプライドを捨てて素直に長男に『強く怒りすぎてゴメンね』と謝りたいと思います。

子供と一緒に暮らせる時間は短い

長男は今12歳。ひょっとすると高校卒業して18歳になれば、一人暮らしを始めるかもしれません。

そう考えると、あと6年しか一緒に生活できないんですね。

長男と一緒に暮らす生活を12年間続けてきましたが、今後は、その半分しか一緒に過ごす時間がないわけです。

そう考えると、一日一日を大事に過ごしていかないといけないなと思います。

まだまだ長男には教えたいこと、伝えたいことは沢山あります。

そして、一番伝えたいことは、長男は僕にとってめちゃくちゃ可愛い息子だってことです。

長男のことが大好きなんですね。

こうやってブログに書くのは簡単なんですが、実際に面と向かって言うのは恥ずかしくて難しいんですけど。

現在、中学受験を目指して長男は毎日頑張っています。

そんな頑張っている長男に対して、積極的に温かい言葉をかけてあげるようにしたいと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA